「サボタージュ」鑑賞。

「サボタージュ」鑑賞。

"アーノルド・シュワルツェネッガー主演「サボタージュ」鑑賞。
シュワちゃんも67歳ですか〜。
本作でシュワちゃんが演じるのは、DEA特殊部隊の隊長。
さすがに最前線で戦う歳じゃないか。確かに“老い”は見た目でも分かるしなぁ。
DEAってのは「Drug Enforcement Administration」の略で、日本語にすると「麻薬取締局」。他の連邦捜査機関よりも、薬物に対する基準は厳しいらしい。
注目なのは、エンドロールかもしれないよ。
アトランタ市警や海軍の協力は書かれているんだが、DEAのことは書かれていない(見落としがなければ)。
まあ、協力を得られるような内容じゃないんだよね。
シュワちゃんの演じるジョン・ウォートンは、アメリカ国内外での麻薬戦争において幾多の功績を挙げた伝説の男。
自宅にはレーガン、クリントン、オバマと肩を並べるジョンの写真が。
ブッシュだけないのは……笑い所なのか、マジなのかw
犯罪アクション+猟奇殺人という面白さなんだが……、
犯行の動機が弱いんじゃないかな。若ければそれもまた人生だと思うけど、もう67歳だからなぁ。理由があるとしても67歳の脳がたどり着く結論にしてはあまりにもお粗末だった。
老いたとはいえシュワちゃんの巨漢は、アクション以外では生きれないという哀しさがありますな。"